生命力

収穫は全て手作業で人海戦術で行われます

マカの収穫は、機械は使わずすべて人の手で行います。
標高4000メートルの空気の薄い地での作業は現地の慣れた人でも過酷です。
加えて赤道に近い地域ですので強い日照りもあります。

マカの収穫は広大な栽培地で一斉に行います。
腰をおとし固くなった土を掘り起こしひとつひとつマカを収穫するのは大変な作業ですが、
一日一人平均100キロから200キロ収穫するそうです。
土をおとし、葉を切り落とす作業も重労働です。
その後3カ月ほど天日干し、栄養素をさらに凝縮させ栄養価の高いマカができます。

切り落とした枯れ葉は、ヒツジなどの家畜のエサにします。
収穫後は不毛となる土地は休耕し家畜を放牧し数年かけてまたマカを育てる土壌をつくります。
掘り起こ収穫したマカの大きいさは大人の手の平ほどです。
数ヶ月間天日干しされたマカは水分がとばされ固くなり、
12%ほどの大きさになってその後加工されます。

Copyright(c) 2011 安心・安全 All Rights Reserved.